ページの先頭です

新築住宅等への助成(奨励金、固定資産税減免)

[2017年3月14日]

~住宅が建てやすく 安心して子育てができるまち~

揖斐川町は、新築住宅の建築を支援し、子どもを安心して産み育てることができる独自のサービスを提供しています。

1 新築住宅建設等奨励金制度

町内に居住用の住宅を新築または購入する方に対し、奨励金を支給します。

実施期間

 平成21年度~

奨励金交付要件

  • 揖斐川町内で、玄関・台所・浴室・便所・居室がある一戸建て住宅を新築、または住宅を購入し、入居する方
  • 交付申請時において、申請者および同居者(三世代同居者含む)に町税など納付金の滞納がない方


申請から交付までの流れ

着工前と完成後に申請が必要です。

着工前に認定申請 → 審査 → 認定通知 → 完成後に交付申請 → 審査・検査 → 交付決定通知 → 交付請求 → 交付

  1. 認定申請:着工前に揖斐川町役場政策広報課窓口にて様式を受け取り、「認定申請書」に必要書類を添えて提出してください。 
  2. 審査・認定:認定申請書の内容を審査後、認定通知書により通知します。
  3. 交付申請:完成後に「交付申請書」に必要書類を添えて提出してください。
  4. 審査・検査:交付申請書の内容を審査、現地検査後、交付決定通知書により通知します。
  5. 交付請求:「交付請求書」を提出してください。
  6. 奨励金の支払い:指定された口座にお振り込みします。

奨励金額

基本奨励金:10万円 

  • 町内の建設業者が建設する場合は、10万円を加算します。
  • 町内産の木材を規定以上使用する場合は、10万円を加算します。
  • 町外からの転入者の場合は10万円を加算します。
  • 用途地域指定区域内に新築する場合は、10万円を加算します。 
  • 三世代同居世帯(親・子・孫等の直系親族)が居住する場合は、10万円を加算します。      
新築住宅建設等奨励金制度イメージ

2 新築住宅に対する固定資産税の減額制度

一定の要件に該当する新築住宅に対する固定資産税を3年間減免します。

対象となる要件

 平成21年1月2日以降に新築された住宅
  (床面積50~280平方メール)

減額される額

 固定資産税の2分の1の額
  (国の制度と併用することで、一戸当り、床面積120平方メートル分に限り固定資産税が3年間「0円」になります。)
  ※120平方メートルを超える部分は減額されません。
 
例えば

  • 平成21年7月に新築住宅を町内の業者へ発注
  • 平成21年12月中旬に住宅が完成
  • 平成21年12月下旬から住居開始
  • 木造2階建 延床面積200平方メートル、評価額2,000万円 の場合

上記の場合で揖斐川町の制度を活用すると・・・(1)+(2)=80.4万円分お得になります。
(金額は、あくまでも一例です。詳しくはお問い合せください。)

【お問い合せ先】

 1に関すること・・・まちづくり推進課 未来戦略室  電話0585-22-2111

 2に関すること・・・税務課  電話0585-22-2111
 

お問い合わせ

揖斐川町企画部未来戦略室

電話: 0585-22-2111(代)

ファックス: 0585-22-4496

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


Copyright (C) Ibigawa Town All Rights Reserved.