ページの先頭です

移住・定住への各種奨励金制度

[2017年3月14日]

  揖斐川町では、若い世代の流出や少子高齢化の進展等による人口減少に歯止めをかけ、地域の活性化を図るため、移住・定住化支援を行っています。さらなる移住・定住対策の推進を図るため、移住希望者から求める声の多い「住まいの支援」と、民間事業者による住宅開発を進める施策としての「宅地化支援」に対する制度等の充実を図っています。

 

1 賃貸住宅家賃助成奨励金制度

 

町内の民間賃貸住宅に3年以上居住することを前提に入居する者に対し、家賃の一部を助成します。

【奨励金の額】 基本奨励金:(実質家賃額-4万円)×1/2以内(上限:月額1万円)

・町外からの転入者には、上記の基本奨励金額と同額を加算します。

【交付期間】 入居した月(月の途中で入居した場合は、入居日が属する月の翌月)から起算して12か月間

くわしくはこちら → 賃貸住宅家賃助成奨励金

2 民間賃貸集合住宅建設奨励金制度

 

町内に居住用の賃貸集合住宅を新築する民間事業者に対し、建設費用の一部を助成します。

【奨励金の額】 基本奨励金:1戸当たり10万円

・町内業者が建設する場合は、5万円を加算します。

・町内産木材を規定以上使用する場合は、5万円を加算します。

・用途地域指定区域内に新築する場合は、5万円を加算します。

くわしくはこちら → 民間賃貸集合住宅建設奨励金

3 民間分譲戸建住宅建設奨励金制度

 

町内に居住用の分譲戸建住宅を新築する民間事業者に対し、建設費用の一部を助成します。

【奨励金の額】 基本奨励金:1棟当たり30万円

・町内業者が建設する場合は、10万円を加算します。

・町内産木材を規定以上使用する場合は、10万円を加算します。

・用途地域指定区域内に新築する場合は、10万円を加算します。

※同一事業者が分譲用宅地開発をした後、3年以内に建設する場合は、民間分譲宅地開発支援奨励金との併用も可能です。

くわしくはこちら → 民間分譲戸建住宅建設奨励金

 

民間分譲宅地開発支援奨励金制度

 

町内に居住用の一戸建て住宅用地を分譲することを目的として開発を行う民間事業者に対し、整備費用の一部を助成します。

【奨励金の額】 基本奨励金:1区画当たり10万円

・町内業者が開発する場合は、10万円を加算します。

※交付対象規模は、1団の土地で2区画以上の住宅用地に限ります。

くわしくはこちら → 民間分譲宅地開発支援奨励金

 

5 田舎暮らし住宅活用奨励金制度

 

町内の田舎暮らし住宅(空き家)に3年以上居住することを前提に購入または賃貸する者が、改修およびハウスクリーニングを行う際の費用の一部を助成します。

【奨励金の額】 田舎暮らし住宅改修 基本奨励金:改修経費の1/2以内 (上限10万円)

・町内業者が改修する場合は、上記の基本奨励金額と同額を加算します。

田舎暮らし住宅ハウスクリーニング 基本奨励金:清掃費の1/2以内 (上限5万円)

くわしくはこちら → 田舎暮らし住宅活用奨励金

お問い合わせ

揖斐川町企画部政策広報課

電話: 0585-22-2111(代)

ファックス: 0585-22-4496

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


Copyright (C) Ibigawa Town All Rights Reserved.