ページの先頭です

はじめませんか?生ごみを分解して堆肥に!

[2018年6月8日]

揖斐川町では、生ごみの堆肥化を始める方の為に、生ごみ処理機・コンポスト購入補助事業を行っています。この機会に是非ご活用ください。

生ごみの堆肥化について

水切りをした生ごみを、可燃ごみとして出していませんか?生ごみは資源として循環させることができます。

生ごみをたい肥化し、家庭で処理する方法を紹介します。

1.電化式:生ごみ処理機(補助対象)

調理くずや食品ロスにより発生する生ごみは、生ごみ処理機で堆肥化することができます。処理速度が速く臭いが少ない、環境負荷が少ない、良質堆肥ができる等衛生面で優れています。

2.生物式:コンポスト容器

コンポストとは堆肥の意味。

コンポストは、主に4種類あります。

1.土中式コンポスト(補助対象)

プラスチック製の円柱容器を畑に埋め込む

2.密閉式コンポスト(補助対象)

プラスチック製の密閉式容器 ぼかしを使用

3.ダンボール式コンポスト(補助対象外)

ダンボールを使用

4.ミミズ式コンポスト(補助対象外)

ダンボール+ミミズを使用

コンポストの利点

1.安価で維持費なし

2.Co2削減・地球温暖化防止に効果

コンポストの注意点

1.堆肥化まで、ある程度時間が必要

2.場所が必要

3.手間が必要

コンポスト成功のポイント

1.かき混ぜて空気を入れる

2.生ごみを入れ続けない(もみ殻や乾燥した落葉や、土を入れる)

3.コンポスト容器が複数あること

お問い合わせ

揖斐川町住民福祉部生活環境課[1階]

電話: 0585-22-2111(代)

ファックス: 0585-22-4496

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Ibigawa Town All Rights Reserved.