ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    平成26年度税制改正(法人町民税・軽自動車税)のお知らせ

    • 更新日:2019年12月27日
    • ID:6228

    平成26年3月31日公布された地方税法の一部改正に伴い、軽自動車税に関する町税条例の一部を改正しました。

    (注意)平成27年度税制改正により内容を一部変更しました。

    法人町民税の法人税率改正

    税制改正により、平成26年10月1日以後に開始する事業年度分から、法人町民税の法人税割の税率が引き下げられます。

    平成26年 9月30日までに開始した事業年度の法人税割 12.3%

    平成26年10月 1日以後に開始する事業年度の法人税割 9.7%

    軽自動車税の税率改正

    税制改正により、来年度(平成28年度)から、原動機付自転車、2輪の軽自動車、2輪の小型自動車、小型特殊自動車の税額が引き上げられます。

    原動機付自転車等の税率の変更について

    車種区分

    税率(年額)

    平成27年度まで

    平成28年度以降

    原動機付自転車 (排気量50cc以下)

    1,000円

    2,000円

    原動機付自転車 (50cc超90cc以下)

    1,200円

    2,000円

    原動機付自転車 (90cc超125cc以下)

    1,600円

    2,400円

    原動機付自転車 ミニカー(50cc以下)

    2,500円

    3,700円

    2輪の軽自動車(125cc超250cc以下)

    2,400円

    3,600円

    2輪の小型自動車(250cc超)

    4,000円

    6,000円

    小型特殊自動車 農耕作業用

    1,600円

    2,400円

    小型特殊自動車 その他(フォークリフト等)

    4,700円

    5,900円

    専ら雪上を走行するもの

    2,400円

    3,600円

    4輪車などは、平成27年4月1日以後に新規登録する車両から新税率が適用されます。

    平成27年3月31日までに新規登録した車両(初めて車両番号の指定を受けた車両)は、登録後13年まで、現行税率のままです。

    初めて車両番号の指定を受けた月から13年を経過した車両は、平成28年度から、次の表の経年重課の税率が適用されます。

    軽自動車の税率の変更について

    軽自動車
    車種区分

    税率(年額)
    平成27年3月31日までの登録車平成27年4月1日以降の登録車登録後13年超
    (経年課税)
    3輪3,100円3,900円4,600円
    4輪乗用 自家用7,200円10,800円12,900円
    4輪乗用 営業用5,500円6,900円8,200円
    4輪貨物 自家用4,000円5,000円6,000円
    4輪貨物 営業用3,000円3,800円4,500円

    グリーン化特例(軽課)が導入されます。

    平成27年4月1日~平成28年3月31日に新規登録した一定の環境性能を有する車両には、燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課)が導入されます。

    平成28年度分の軽自動車税に限り適用(平成27年4月1日に取得した車両も平成28年度分で適用)されます。

    税制改正の詳しい内容は財務省のホームページをご確認ください。

    ⇒ 財務省

    軽自動車の廃車手続きについて

    原動機付自転車や軽自動車等に対する軽自動車税は毎年4月1日現在で車両を所有(登録)している人に課税されます。4月2日以降に廃車や名義変更をされても、月割課税の制度はなく、その年度分の税金を納めていただくことになります。

    現物を廃棄処分しても、登録を抹消しない限り、軽自動車税が課税されます!

    • 軽自動車等を廃棄処分した場合は、廃車手続きをお願いします。
    • 知人等に譲渡した場合も名義の変更が必要です。(手続き漏れの場合は、前所有者に納税通知が送られます。)
    • 盗難に遭われた場合でも、警察への盗難届出に加えて、廃車手続きが必要です。

    車種別の申告手続き場所については、下の『軽自動車税について』よりご確認ください。

    ⇒ 『軽自動車税について』