ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置

あしあと

    養老線交通圏地域公共交通網形成計画を変更しました

    • 更新日:2019年3月22日
    • ID:8430

    1 趣旨

     養老鉄道養老線(以下「養老線」という。)は、岐阜県揖斐川町から三重県桑名市までの2県、3市4町を結び、年間約600万人の利用者がある沿線地域にとって大切な生活路線で、平成19年10月からは、上下分離方式での運営に移行し、沿線3市4町や近畿日本鉄道(株)が支援を続けてきました。

     本格的な人口減少や、少子高齢化の進展が予測される中、特に、地域公共交通については、養老線沿線を中心として、沿線バス交通やタクシー等の二次交通を含めた公共交通ネットワークの形成、維持が重要となってきます。

     このため、沿線3市4町では、養老線を中心として沿線バス交通やタクシー等の二次交通を含めた公共交通ネットワークの形成、当地域の活性化および再生に取り組む諸施策の大綱を定めた「養老線交通圏地域公共交通網形成計画」を策定しました。

    2 計画期間

     平成29年11月1日から平成39年3月31日まで

    お問い合わせ

    揖斐川町総務部政策広報課

    電話: 0585-22-2111(代表)

    ファックス: 0585-22-4496

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム