ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    死亡届

    • 更新日:2015年7月23日
    • ID:6190

    戸籍の届出について

     戸籍は、私たちが日本国民であることを登録し、証明するものです。また、出生から死亡に至るまで届出に基づいて記録し、一人一人の身分関係(夫婦、親子、兄弟姉妹など)を公証する大切なものです。

     子どもが生まれたとき、結婚するとき、家族が亡くなったときなどは、必ず届出をしてください。

     

    死亡届 <家族が亡くなったとき>

    届出人

    1.同居の親族、同居してない親族

    2.同居人

    3.家主

    4.地主

    5.家屋または土地管理人

    6.後見人、保佐人、補助人、任意後見人

    届出期間

    死亡の事実を知った日から数えて7日以内

    届出地

    死亡者の本籍地、届出人の所在地または死亡した場所の市区町村役場

    届出に必要なもの

    1.死亡届書(届書の右半分に医師等の証明(死亡診断書)があるもの)

    2.届出人の印鑑

    注意事項

    ・印鑑は朱肉を使用するものをお持ちください。