ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    春日上ヶ流 天空の遊歩道

    • 更新日:2021年4月2日
    • ID:6832

    ***閉鎖のお知らせ***

    2021年4月1日現在

    岐阜県における緊急事態宣言が解除されましたが、引き続き遊歩道は閉鎖しております。



    春日上ヶ流 天空の遊歩道について

    天空の茶畑

     

    昭和35年までは養蚕が盛んで、桑の木の畑でしたが、生糸から化学繊維に変わると同時に養蚕が廃れていきました。当時、お茶が高価に売れていたため、桑の木の畑はお茶畑となりました。

     

    昭和55年からは「やぶきた」と呼ばれる品種が栽培されるようになり、現在の上ヶ流の茶畑での生産は、6割が「やぶきた」となっています。「やぶきた」は、日本で生産されているお茶の9割以上を占めており、品質に優れ、日本の自然環境に適した品種です。

     

    しかし、上ヶ流の茶畑がある揖斐川町春日地区では、「やぶきた」の他に、昔から人々に親しまれてきた「古来茶」という品種が存在します。この「古来茶」は、現在日本でも希少、貴重な品種です。

     

    また、南米ペルーのマチュピチュのような高山(標高は約300m)でお茶が栽培されていることから、「天空の茶畑」、「岐阜のマチュピチュ」と称され、ここで栽培される古来茶も「天空の古来茶」としてブランド化されています。

     

     

    注意事項

    • 駐車場から絶景ポイントまでは、徒歩で約20分です。
    • “遊歩道”ですが一部登山道のような部分もありますので、運動靴やトレッキングシューズのような履物でお越しください。
    • 地域内は、観光地ではなく秘境の地です。道路も3kmほど手前から1車線の町道で高低差もあります。お車でお越しの際は十分にご注意ください。
    • 冬期は、積雪や凍結により滑落の危険があるため、遊歩道に進入する際は自己責任でお願いします。万が一負傷されても責任は負いかねますのでご注意ください。また、お車でお越しの際は冬用タイヤが必須となります。雪道の運転に自信のない方はご遠慮ください。

    所在地

    〒503-2502 岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合

    アクセス

      国道417号線 下岡島交差点を春日方面へ(県道32号線)

      下岡島交差点から約6.5km地点「樫大橋」を渡り右折約3km

      ※冬期は、冬用タイヤが必須となります。雪道の運転に自信のない方はご遠慮ください。

    駐車場

    15台程度

    公共交通機関 (Access to Ibi Station)

    1.揖斐駅への行き方

    • JR大垣駅より養老鉄道養老線 揖斐駅行きに乗車(約25分)
    • JR Line (Ogaki Station) → Yoro Railway (Ibi Station)  about 25 minutes

    2.揖斐駅発バス (Buses Departing from Ibi Station)

    パンフレット

    お問合せ

    揖斐川町役場 観光文化戦略課
    電話 0585-22-2111