ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    児童手当の制度の概要

    • 更新日:2016年2月1日
    • ID:3079

    児童手当について(制度の概要)

    児童手当制度とは

     次代の社会を担う児童の健やかな成長を目的とした国の制度です。

    平成28年1月から児童手当の請求時に個人番号の提示が必要です。

    平成28年1月から、個人番号(マイナンバー)の利用が始まります。

    出生・転入などにより、あらたに児童手当の手続きを行う際には、請求書に個人番号を記載していただくことになります。
    来庁される場合は、下記のものを持参してください。

    • 請求者(児童手当受給資格者)および配偶者の個人番号カード、または個人番号通知カード
    • 窓口に来庁する方の本人確認書類(運転免許証等)
      ※個人番号カードをお持ちいただいた場合は、他の本人確認書類の提示は必要ありません。

     

    支給対象と支給額

     揖斐川町で住民登録をしていること。
     中学校修了前(15歳到達後の最初の3月31日まで)の子どもを養育していること。

    年齢別支給月額

    区分

    支給月額

    所得制限額未満

    所得制限額以上

    3歳未満

    一律

    15,000円

    5,000円

    3歳~小学校修了前

    第1,2子

    10,000円

    第3子以降

    15,000円

    中学生

    一律

    10,000円

    所得制限

    所得制限限度額以上の人の手当額は、児童の年齢に関係なく児童一人当たり5,000円(月額)となります。(特例給付)

    ※ 受給者が施設、里親の場合、所得制限は適用されません。

    ※ 所得制限は所得の高い方が対象で、世帯の合算した所得ではありません。

    所得制限限度額表
    扶養親族等の数

    所得制限限度額
    (万円)

    収入額の目安
    (万円)

    0人622833.3
    1人660875.6
    2人698917.8
    3人736960
    4人7741002.1
    5人8121042.1

    支払について

     児童手当は、原則として、毎年2月、6月、10月にそれぞれの前月までの4か月分を指定された口座に振込みます。

    手当を受けるには

     児童手当を受給するためには、住民登録のある市町村への請求が必要です。

    添付書類

    • 請求者の健康保険証の写し
    • 請求者および配偶者等の個人カード、または通知カードおよび本人確認ができる書類(運転免許証等)
    • 請求者名義の銀行口座の通帳等

    ※ このほか、必要に応じて提出する書類があります。

    現況届の提出について

    毎年6月1日を基準として、児童手当の受給要件を確認するため、現況届を提出していただく必要があります。
    対象者には、6月上旬までに現況届を郵送しますので、6月末までに必要書類を添えて、忘れずに提出してください。

    現況届を提出しなかった場合、児童手当を受給できなくなります。

    現況届の提出がない場合、6月分以降の児童手当の支給を一時差し止めます。提出がないまま、2年間経過すると児童手当の受給権が消滅します。現況届は期限内に提出をお願いします。