ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    地域生活支援事業

    • 更新日:2015年2月18日
    • ID:4115

    地域生活支援事業

    移動支援事業

     在宅で障がいのある方が、社会生活上必要な外出及び余暇活動等のための外出の際に、移動の支援を行います。

     

     <対象者>

     在宅の障がい者(児)の方で、屋外での移動が難しく外出時に支援が必要な方

     

     

    訪問入浴サービス事業

     障がいのある方の身体の清潔の保持、心身機能の維持等を図るため、移動入浴車の訪問により居宅における入浴サービスを提供します。

     

     <対象者>

     在宅で障がい者(児)の方で、自宅の入浴設備で家族の介助のみでは入浴が難しく、医師が入浴を適当と認めた方(身体障害者手帳を交付されている方で、下肢もしくは体幹障がいを有する方)

     *障がい児にあっては、成人と同様の体格で、ホームヘルプ等、他のサービスを利用しても入浴が難しい方

     

     

    日中一時支援事業

     障がいのある方の日中における活動の場を確保し、家族の就労や日常的に介護している方の一時的な休息を支援します。

     

     <対象者>

     在宅で障がい者(児)の方で、日中、介助する人がいないため見守りが必要な方。

     

     

    タイムケア(障がい児の一時預かり)

     障がい児等の一時預かり及び社会に適応するための日常的な見守りと介助を行います。

     

     <対象者>

     1.盲学校、聾学校及び特別支援学校並びに特別支援学級に通学している児童。

     2.原則として、昼間に看護する者がいない方で、学校の下校後の活動場所が必要と認める児童。

     <利用時間等>

     月~金 15:00~18:00(長期休暇は9:00~17:00)

     

     

    意思疎通支援事業

     手話奉仕員または要約筆記者を派遣し、聴覚障がい者のコミュニケーションを支援します。

     

     <対象者>

     1.身体障害者手帳を交付されている方のうち、聴覚または音声機能もしくは言語機能の障がいを有する方

     2.町が後援等する事業または営利を目的としない福祉関係団体等が行う事業の主催者

     <注意事項>

     事前申請が必要となりますので、事業を利用しようとする方は、利用日の7日前までに申請書を提出してください。

     派遣できる範囲は、原則として町内およびその周辺地域です。

     

     

    日常生活用具の給付

     障がいのある方が日常生活を送るうえで必要な物品を購入するときに、その費用の一部を助成します。

     ただし、介護保険制度により同一種目の給付助成・貸与を受けることができる方は、この制度による助成は受けられません。

     なお、日常生活用具の給付を希望される場合は、物品を購入する前に申請していただく必要があります。 

    日常生活用具一覧
    特殊寝台環境制御装置聴覚障がい者用情報受信装置
    特殊マットテーブルリフト人工咽頭
    特殊尿器音声標識ガイド装置点字図書
    入浴担架透析液加温器電動ページめくり装置
    体位変換器ネブライザー(吸入器)携帯用会話補助装置用大型キーボード
    移動用リフト電気式たん吸引器点字電子手帳
    訓練いす酸素ボンベ運搬車蓄便袋
    訓練用ベッド盲人用体温計(音声式)蓄尿袋
    エアーパット盲人用体重計紙おむつ
    入浴補助用具パルスオキシメーターサラシ・ガーゼ・脱脂綿
    便器携帯用会話補助装置洗腸装具
    歩行補助つえ情報・通信支援用具収尿器
    移動・移乗支援用具点字ディスプレイ

    居宅生活動作補助用具

    頭部保護帽点字器
    特殊便器点字タイプライター
    火災警報器視覚障がい者用ポータブルレコーダー
    自動消化器視覚障がい者用活字文書読上げ装置
    電磁調理器視覚障がい者用拡大読書器
    歩行時間延長信号機用小型送信機盲人用時計
    聴覚障がい者用屋内信号装置聴覚障がい者用通信装置
    聴覚障がい者用受信装置視覚障がい者用音声読書機

    費用の負担等

     原則、事業の1割が負担額となりますが、本人及び家族の課税状況によっては負担が軽減されます。

     (意思疎通支援事業については無料。)

     介護保険において同様のサービスを受けられる人は対象となりません。